稼げる仕事ランキング

稼げる仕事ランキングって変わるよね

最近見たニュースで気になっているものがあります。詳しい内容は忘れてしまったのですが、30年後に消えると思われる職業というような感じのもので、非常に興味深かったです。
確かに、今から30年前を考えてみると、その時にあったと思われる職業で、今は無くなっているか、または少なくなりつつある職業ってあると思うんです。例えば、エレベーターガールは花形職業と言われていたようですが、近頃では早々見ることはできません。ちなみに、私の母はエレベーターガールとしてデパートで働いていた経験があるようですが、当時は友人知人からとても羨ましがられたそうです。

そんな風に考えていくと、30年後や40年後を見据えた仕事探しというのが、子どもにとっては大切なのではないかと思えてきました。稼げる仕事ランキングなんていうものを見ると、医師や弁護士などの専門職に関して言えば、昔と変わらずランキング上位に挙がっているように思いますが、IT系なんて昔はそんな職業さえもありませんでした。おそらく、今30年前にタイムスリップが出来て、ITが良いぞなんて言っても、おそらく何のことを言っているのかさっぱりわからないという方が大いに違いありません。それがいまや稼げる仕事ランキングの上位に立ち、ベンチャー企業など若い世代が率いてるような状況であると思います。

IT世代と言われている現代ですが、次の世代は一体どんなものが開発され、時代をリードしていくのでしょう。そして、どのような職業が稼げる仕事ランキングに登場するのでしょうか。自分の子ども時代を考えてみると、今のような世界は想像できなかったので、きっと想像をはるかに超えた世界になることを期待しています。時代の移り変わりの早さについていけるかという不安は尽きません。30年後といえば、かなりの老齢と言わざるを得ない状況ですので、時代に取り残されてしまうのではないかという心配もありますが、乗り遅れることなく、自分なりにしがみついていきたいと思っています。

自宅で簡単稼げる仕事ランキングをご紹介

自宅で出来る仕事の幅はパソコンやインターネットの登場で劇的に広がりました。さらに一部の技術者だけでなく、基本的なパソコンの操作を多くの方が出来るようになったので、今後もますます自宅で出来る仕事の市場規模は増えていくことでしょう。そこでここでは自宅で出来る稼げる仕事ランキングをご紹介していきます。まずご紹介したいのが仕事受注型のサイトです。一般的にクラウドソーシング型の仕事受注サイトですが、簡単なタスク型の仕事から高度な技術を必要とするサイト構築まで様々な仕事を受けることが出来ます。貴方のスキルやがんばり次第では月々数万円から数十万円の報酬を獲得することも可能なので、ぜひ稼げる仕事ランキングでもおすすめしたい仕事です。

では次の稼げる仕事ランキングをご紹介します。10年以上前から注目されている仕事ですがアフィリエイトは非常に高収入が期待出来る仕事になっています。もちろん10年前よりも競争者も増えて稼ぎにくくなっているとの声もありますが、注目すべきは10年前よりも確実にインターネットを経由してものを買う機会が増えているということです。

貴方自信や周りの方を思い浮かべて欲しいのですが、10年前に比べてもはるかにインターネットを経由して買い物をしたり、サービスに申し込んだりという機会が増えているはずです。そうしたインターネットを経由した買い物の中にはきっと誰かのアフィリエイト広告に収入を発生させているものがありますが、今後もこうしたインターネットを経由した市場取引は活発化していくと予想されているので、アフィリエイトの儲け話もますます増えてい行くでしょう。

このよに稼げる仕事ランキングは時代によって様々な変化を遂げますが、今後数十年はインターネットがその中心になることは間違いありません。今ではアフィリエイトやドロップシッピングなどが主流ですが、今後どのような業種が誕生するかわからないので、ぜひアンテナを広く張ってチャンスを逃さないで下さい。

年収の高い仕事の上位に航空機に乗務する仕事が

現在の日本で稼げる仕事ランキングはどうなっているかとネット上を見ていますが、観点・切り口によって色々違うみたいです。一つは平均年収の高い職業というのがあって、男女別にランキングされており、男性の1位は航空機操縦士で、これはパイロットでしょう。昔から収入が良いのは有名です。3位に航空機客室乗務員となっていますが、男のキャビンアテンダントという表現で合ってるんだろうか。少ないけどいるんですね。スチュワーデスという表現を性別を問わない言葉に換えておいて良かった。しかし男の乗客からはがっかりされたりするそうですが。それでも収入が良いというのは? まあ女性の乗客もいるから良いのか。むしろ希少価値だし。

そして同じ意味での稼げる仕事ランキングの女性の7位が同じ航空機客室乗務員。男の方がランキングが上ですね。で女性の操縦士というのはいないのか、97位まで見てもありません。同じ飛行機関連で整備関係はどうなのかと思いますが、男女ともランキングに見当たりません。自動車整備工は男性で82位、女性で20位なので、それと比べて年収良いような気もしますが、ともかくランキング内になし。

ランキングの下の方まで見て目についたのは、自家用乗用自動車運転者が男性90位、女性97位となっています。これは金持ちの家の運転手ということですか? 公用車ではないんですよね? 調べると「社員及び来客を送迎する仕事」とありますが、社員を送迎しても自家用なのか。で、稼げる仕事ランキングに話をもどしましょうか。飛行機関係が操縦と客室乗務で上位ということは、つまり飛行時に乗っている職が高級ということなのかな。だから整備とか管制官とかは入ってないとか・・。新幹線とかの社内販売のお姉さんと航空機客室乗務員の収入の差はどれくらいかというのも機会があったら見てみたいところです。稼げる仕事ランキングの観点は色々あると言いながら、平均年収の高い職業ランキングのそのまた飛行機関連の話だけになってしまいました。

稼げる仕事ランキングから読み取れる傾向性

稼げる仕事ランキングを拝見しておりますと、大学教授が上位にランキングされていますね。私は大学院の博士で学ぶ学生でありますから、将来は大学に残って大学教授となる道を考えており、このランキングには大変励まされます。おまけに女性にモテる稼げる仕事ランキングにもランクインしていますから、夢がかなって大学教授となれた暁には幸せな人生を送ることができるということでしょうか?

しかしながら、世の中にはたくさんの研究者がおり、そのみんなが大学教授という限られたポストを巡り競争をするため、有名大学の博士に在籍しているからといって必ずしも大学教授になれるわけではないということが何とも辛いところです。私より10歳ほど年上の研究室の先輩は、研究においてはとても優秀な方なのですが、そのニッチな専門性が災いして未だ大学の非常勤講師に甘んじている状況であって、彼のような優秀な方でさえそうなのだから私のような半端者が果たして大学教授のポストを得ることができるものなのかと不安に思わずにはいられません。稼げる仕事ランキングを見ていると他には医師や薬剤師、弁護士、公認会計士といった専門性の高いお仕事が目立ちます。どうせ勉強するなら、こういう食いっぱぐれのない分野を勉強すればよかったかなと少々後悔したい気持ちにもなりますが、もはやいまさらなので、私は私の道を突き進むしかないと決意を新たにすることとします。

それにしても稼げる仕事ランキングを拝見するかぎり、高収入のお仕事は20代を勉学に費やした人々が就くようなお仕事が多いですね。私のような研究者もそうですが、みんながサークルだ、合コンだと楽しんでいるときに、一人で黙々と勉強しつづけてきたわけです。弁護士などの国家資格のお仕事に就いている人も同じことでしょう。そうした努力が年収によって報われるのはよいことだと思います。学生の方々は、20代の勉強量が年収に直結するという事実を稼げるランキングからしっかり学び取り、後悔のない将来設計を立ててみるとよいと思います。