稼げる仕事ランキングを学校の授業に活かす

稼げる仕事ランキングを学校の授業に取り入れるという取り組みが行われています。子供たちにこれらの結果に対して討論させることによって、自分が将来どのような仕事に就きたいかということを明確にするのが目的だとされています。自分がやりたい事で、お金を稼げれば一番なのですが、中々都合良くは行きません。やりたいことでは稼げないということもあるからです。そんな時にこのようなデータを見ておけばどのような事をやりたいのかを明確にすることができます。

例えば、稼げる仕事ランキングの上位にはお医者さんがランクインしていることが多いのですが、この仕事は結構大変だったりします。やりがいはあるのですが深夜勤務なども多く、長く続けるのは大変だったりするのです。ただし、やりがいがあります。何となくのイメージで仕事を選ぶのではなく、幾らぐらい稼げるのかということを把握しておくのが大切となるのです。

稼げる仕事ランキングでは下位に位置している教師という仕事は子供たちに大人気です。上位に位置しているのか、それとも下位にいるのかは、それほど重要な事ではないような気がします。それよりも考えてもらいたいのは自分たちが将来どうすべきかということです。その時の話のネタとしてこのようなデータを用いるのが有効なのではないでしょうか。これらはネット上で簡単にデータを入手することができますので費用もかかりません。

子供達にとっての夢が必ずしも儲かるとは限りません。若い頃は生活費のことを考えていませんから、ただひたすらに夢を追い求めていればいいのですが、ある程度の年齢になるといかに稼ぐかが重要になってきます。その時に活用していただきたいのはこのような情報なのです。稼げる仕事ランキングから何を学び取ることかできるのか、それを意識して授業をすべきでしょう。その場ですぐに結果が出なくても焦る必要はありません。後になって子供たち自身が思い出してくれるかもしれないからです。

SNSでもご購読できます。