稼げる仕事ランキングって変わるよね

最近見たニュースで気になっているものがあります。詳しい内容は忘れてしまったのですが、30年後に消えると思われる職業というような感じのもので、非常に興味深かったです。
確かに、今から30年前を考えてみると、その時にあったと思われる職業で、今は無くなっているか、または少なくなりつつある職業ってあると思うんです。例えば、エレベーターガールは花形職業と言われていたようですが、近頃では早々見ることはできません。ちなみに、私の母はエレベーターガールとしてデパートで働いていた経験があるようですが、当時は友人知人からとても羨ましがられたそうです。

そんな風に考えていくと、30年後や40年後を見据えた仕事探しというのが、子どもにとっては大切なのではないかと思えてきました。稼げる仕事ランキングなんていうものを見ると、医師や弁護士などの専門職に関して言えば、昔と変わらずランキング上位に挙がっているように思いますが、IT系なんて昔はそんな職業さえもありませんでした。おそらく、今30年前にタイムスリップが出来て、ITが良いぞなんて言っても、おそらく何のことを言っているのかさっぱりわからないという方が大いに違いありません。それがいまや稼げる仕事ランキングの上位に立ち、ベンチャー企業など若い世代が率いてるような状況であると思います。

IT世代と言われている現代ですが、次の世代は一体どんなものが開発され、時代をリードしていくのでしょう。そして、どのような職業が稼げる仕事ランキングに登場するのでしょうか。自分の子ども時代を考えてみると、今のような世界は想像できなかったので、きっと想像をはるかに超えた世界になることを期待しています。時代の移り変わりの早さについていけるかという不安は尽きません。30年後といえば、かなりの老齢と言わざるを得ない状況ですので、時代に取り残されてしまうのではないかという心配もありますが、乗り遅れることなく、自分なりにしがみついていきたいと思っています。

SNSでもご購読できます。