稼げる仕事ランキングより稼げる「起業」という選択

就職活動を始めるにあたって、稼げる仕事ランキングは気になる存在です。やはり働くには稼げる仕事につきたいものですから、稼げる仕事ランキングはとても参考になるのです。どういった仕事がランクインされているかを試しに紹介してみると、例えば大学教授やパイロット、医者、弁護士、会計士などといったお仕事が最上位に並んでいます。なるほど。確かに誰もが羨む高給な職業ですね。しかし、そうした職業に就くためには多大な勉強時間を費やさなければならないので、大学四年生が今さら目指したところで無理があります。そこで、もう少し下の順位の職業を見ていくことにするとします。すると、証券会社や自動車メーカー、都市銀などといった東証一部上場企業の社員になると高い給料が貰えることが分かります。これらもまた難関な就職先でありますが、資格が必要な職業と違って門戸は開かれています。就職活動をしている学生のなかには、まずはこれらの会社の面接を受けようと思っている人たちも少なくないのではないかと思います。

では、私もそうした職業を目指しているのかと聞かれれば、それは違います。確かに稼げる仕事ランキングの上位にあるような仕事はとても魅力的ですが、求人の倍率が高すぎて、そうそう簡単に就けるものではありません。だから私はもっとなりやすい職業を目指すことにしています。しかし、比較的簡単に就けるからといって薄給では決してないお仕事です。それがシステムエンジニアです。システムエンジニアは会社によって給料がマチマチなようで、稼げる仕事ランキングの上位には掲載されにくいようですが、トップラクスの会社に就職できれば大企業と同じ程度のお給料を貰えると聞いています。そのうえ、システムエンジニアになればプログラミング技術も身につくので、将来的に独立・起業して大きく稼ぐことだって可能です。私はいつか自分で会社を起こしたいと考えているので、システムエンジニアはとても好ましい仕事なのです。こういうわけですから、稼げる仕事ランキングに「起業」をランクインさせるべきじゃないかと、私は思ったりもします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ